労災 安全配慮義務と損害賠償請求

労災事故等によって、労働者側が何等らかの経済的利益を得た場合は? 損益相殺

労災事故等により、労働者側が何らかの経済的な利益を得た場合、つまり、労災事故がなければ得られなかったはずの利益には、その利益分について、加害者側は損害賠償額から控除することが可能になります。この利益を控除することを損益相殺といいます。
 
損益相殺の対象となるものは、労災保険給付金、労災上積補償金、障害厚生年金、遺族厚生年金などがあります。
 
労災保険給付金としては、①療養補償給付、②休業補償給付、③障害補償給付、④遺族補償給付、⑤傷病補償年金、⑥介護補償給付、⑦葬祭料などがあります。
 
労災上積補償金とは、使用者の側で、労災保険からの補償では必ずしも十分とはいえない場合に備えて、労災保険の保険金にプラスして補償を行う制度です。法律で義務付けられた制度ではなく、使用者が独自の立場から補償を行うことができます。
そのため、使用者に裁量が認められ、支給要件も補償対象者も労災保険に合わせる必要がないので、例えば支給対象事由を死亡または重傷者に限定するとか、目的を精神的苦痛に対する慰謝目的にする等が考えられます。
 
年金について、障害厚生年金、遺族厚生年金は損益相殺の対象となりますが、老齢厚生年金は損益相殺の対象になりません。
 
過去の裁判例でも、
 
<東京地裁八王子支部平成15年12月10日>では、
・遺族補償前払い一時金
・葬祭料

が損益相殺の対象とされ、

<名古屋地裁平成15年8月29日>では、
・療養補償給付
・休業補償給付
・障害補償一時金

が損益相殺の対象とされました。

その他項目はこちらから

               

No

項目

1

安全配慮義務とは

2

労働者がうつ病等になった場合に賠償義務を負うか?メンタルヘルス問題

3 請負や派遣等の場合にも安全配慮義務を負うか?
4 部長等の上司が安全配慮義務を負うか?
5 安全配慮義務違反の時効 いつまで請求できるか?
6 安全配慮義務違反の代償は? 損害賠償額
7 労働者側に落ち度があった場合は? 過失相殺
8 労災事故等によって、労働者側が何らかの経済的利益を得た場合は?損益相殺
9 労災に遭ったときに、国はどのような補償をしてくれるのか?  労災補償
10 業務災害とは ~ 「業務上」の判断には難しいケースも
11 通勤災害とは ~ どこまでが通勤範囲なのか


 

お気軽にご相談下さいませ

1005_roudou_online_bnr.png

どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にご相談ください!
※お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。ご了承ください。

 ●はじめての方へ  ●ご相談の流れ  ●事務所紹介
 ●弁護士紹介  ●弁護士費用  ●アクセスマップ

ImgLS2-2.jpg

banar01.png

shoshikisyuu.png

お気に入りに追加するお問い合わせはこちらImgLS14.jpg

報道関係の方へ.jpg

社労士税理士.jpg

事務所概要.jpg

博多オフィスサイド.jpg

小倉オフィスサイド.jpg

当事務所の運営しているサイトはこちら
福岡の弁護士による法律相談|デイライト法律事務所
福岡で離婚に強い弁護士に相談
DV・モラハラの相談は弁護士へ
国際離婚に強い弁護士への相談なら
福岡の弁護士による相続・事業承継相談
交通事故|福岡の弁護士による無料相談
顧問弁護士ドットコム|福岡で顧問弁護士をお探しの方へ
福岡の刑事弁護に強い弁護士による無料相談
デイライトブログ

相談カードダウンロード
相談カードダウンロード

 

Facebook Google+twitter.png