労災 安全配慮義務と損害賠償請求

部長等の上司が安全配慮義務を負うか?

安全配慮義務を負う者の範囲
安全配慮義務を負う者は、使用者に限りません。一定規模の会社においては、組織内で権限の委譲が行われているのが通常であるため、業務上の指揮監督をする者が安全配慮義務を負うケースもあります。
  
この点について、労働基準法第10条は、「この法律で使用者とは、事業主又は事業の経営担当者その他その事業の労働者に関する事項について、事業主のために行為をするすべての者をいう」と規定しています。

したがって、取締役、工場長、部長、課長、作業現場監督員などに至るまで、その権限と責任に応じて、並列的に複数の者が使用者に該当する可能性があります。
  

例えば、上記最判平成12年3月24日では、
「使用者に代わって労働者に対し業務上の指揮監督を行う権限を有する者は、使用者の注意義務の内容に従って、その権限を行使すべきである」と判示し、

「X(労働者)が従事した業務の内容は、・・・・長時間にわたる残業を行うことが常況となっていた。・・・・Y(Xの上司の部長)らは、・・・・Xが業務遂行のために徹夜まですることもある状態にあることを認識しており、Z(班長)は、・・・Xの健康状態が悪化していることに気付いていた」「それにもかかわらず、Y及びZは、・・・・Xの業務の量等を適切に調整するための措置を採ることはなく、かえって、・・・Xの業務の負担は従前よりも増加することとなった」

という事実認定をした上で、労働者の上司らに安全配慮義務違反を認めました。

このように、安全配慮義務を負う者は使用者に限りません。業務上の指揮監督者が安全配慮義務を負うこともあります。業務上の指揮監督者にあたるかどうかの判断については、専門的な知識が必要になるかと思いますので、労働問題の専門家にお尋ねください。


その他項目はこちらから

               

No

項目

1

安全配慮義務とは

2

労働者がうつ病等になった場合に賠償義務を負うか?メンタルヘルス問題

3 請負や派遣等の場合にも安全配慮義務を負うか?
4 部長等の上司が安全配慮義務を負うか?
5 安全配慮義務違反の時効 いつまで請求できるか?
6 安全配慮義務違反の代償は? 損害賠償額
7 労働者側に落ち度があった場合は? 過失相殺
8 労災事故等によって、労働者側が何らかの経済的利益を得た場合は?損益相殺
9 労災に遭ったときに、国はどのような補償をしてくれるのか?  労災補償
10 業務災害とは ~ 「業務上」の判断には難しいケースも
11 通勤災害とは ~ どこまでが通勤範囲なのか


 

お気軽にご相談下さいませ

1005_roudou_online_bnr.png

どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にご相談ください!
※お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。ご了承ください。

 ●はじめての方へ  ●ご相談の流れ  ●事務所紹介
 ●弁護士紹介  ●弁護士費用  ●アクセスマップ

ImgLS2-2.jpg

banar01.png

shoshikisyuu.png

お気に入りに追加するお問い合わせはこちらImgLS14.jpg

報道関係の方へ.jpg

社労士税理士.jpg

事務所概要.jpg

博多オフィスサイド.jpg

小倉オフィスサイド.jpg

当事務所の運営しているサイトはこちら
福岡の弁護士による法律相談|デイライト法律事務所
ユニオン・合同労組Online
福岡で離婚に強い弁護士に相談
DV・モラハラの相談は弁護士へ
国際離婚に強い弁護士への相談なら
福岡の弁護士による相続・事業承継相談
交通事故|福岡の弁護士による無料相談
顧問弁護士ドットコム|福岡で顧問弁護士をお探しの方へ
福岡の刑事弁護に強い弁護士による無料相談
デイライトブログ

相談カードダウンロード
相談カードダウンロード

 

Facebook Google+twitter.png