労働審判とは


制度の概要

労働審判は、裁判官(労働審判官)1人と労働関係に関する専門的な知識と経験を有する労働審判員2人で組織された労働審判委員会が、個別労働紛争を、原則として3回以内の期日で審理し、適宜調停を試み、調停による解決に至らない場合には、事案の実情に即した柔軟な解決を図るための労働審判を行うという紛争解決手続です。

特徴としては次があげられます。

 

迅速な対応が要求される

労働審判は、迅速な解決を目指すものであるため、原則として3回以内の期日で審理が終結されます(ただし、福岡では2回で終結するケースも多い)。

第1回目は、申立てから40日以内に指定されます(基則13条)。第2、3回目については規定はないものの、福岡地裁の運用では、第1回目から1週間ないし2週間程度の日数を置いて第2回目を入れ、第2回目から1週間程度の日程を置いて第3回目を入れます。

【手続の流れ】

申立人から申立書が裁判所に提出


裁判所が第1回目の期日を指定(1回目は、申立から40日以内に指定)


相手方はその第1回目の期日までに答弁書を提出

第1回期日

1時間半から2時間程度

第1回目で争点や証拠の整理が行われます。
福岡地裁では、ほとんどの事件で、第1回目で主張や証拠が出揃い、裁判所(労働審判委員会)の心証が得られ、調停案(和解案)が提示される。

(1回目から1週間から2週間後)

第2回期日

30分から1時間程度 ⇒ 調停成立

1回目で提示された調停案(和解案)について、双方が検討結果を報告する。
複雑な事案では、第1回目で提出できなかった証拠などを提出する。

(2回目から約1週間後)

第3回期日

30分程度 ⇒ 調停成立

調停案(和解案)についての検討結果を聞く。
事実審理することはほとんどない。

調停が成立しない場合

労働審判(通常訴訟でいう「判決」)
2週間以内に異議を申し立てないと労働審判が確定

労働審判が確定すると、裁判上の和解と同じ効力(強制執行が可能)が発生

このように、労働審判は、通常裁判が半年や1年かかることと比べると、日程が非常にタイトです。そして、ほとんどの事件では、第1回目で主張や証拠が出揃い、裁判所(労働審判委員会)の心証が得られ、調停案(和解案)が提示されることになります。

したがって有利に進めるためには、第1回目が勝負といえます。そして、会社側にとっては、迅速に対応することが極めて重要であることを意味します。

他の事件と異なり、労働事件は、会社側に立証責任があるものが多いといえます(例えば地位確認の場合の解雇理由の存在)。したがって、単に期日に出頭するのではなく、事前に会社の主張をきちんと文書(答弁書)にまとめ、その証拠を十分揃えて裁判所に送付すべきです。このような準備を1か月ほどの期間で行わなければならいのですから、会社側の負担は非常に大きいといえます。もし、労働審判を申し立てられた場合、一刻も早く、労働審判手続に精通した弁護士に相談しましょう。

 

柔軟な審判が可能

裁判での判決は白か黒かの判断しかありません。例えば、解雇無効を訴えた従業員も「本当は復職ではなく、解決金をもらいたい」と思っていても、その意向に沿った判決は得られません。あくまでも解雇が無効か有効かの判断が行われます。

こうしたケースでは、解決金として、金銭の支払を命じる審判が出される場合もあります。このように当事者の実情に応じた審判によって、訴訟よりも柔軟な解決が図られます。

 

出頭義務がある

都道府県労働委員会が扱うあっせん制度は、行政サービスのため出頭義務はありません。そのため相手方が出頭しないと何も進まないという問題がありました。労働審判では出頭が強制され、拒否した場合は罰金が科されます。

 

非公開

訴訟と異なり、手続は非公開で行われます。

 

 

企業のお悩みサポート

  • 解雇したい
  • 残業代を請求された
  • 問題社員に対応してほしい
  • ユニオン・合同労組との団体交渉
  • 労基署対応をしてほしい
  • メンタルヘルス対策をしたい
  • セクハラ・パワハラ対策をしたい
  • 就業規則・雇用契約書を見直したい
  • 労働審判・裁判に対応してほしい<
  企業の方の相談は初回無料 WEB予約はこちら