労災 安全配慮義務と損害賠償請求


労働者がうつ病等になった場合に賠償義務を負うか?メンタルヘルス問題


労働者の心身の健康面への配慮も使用者の安全配慮義務の内容に含まれます。

  

労働者の健康とは、身体的健康、精神的健康の両方をいいます。近年、心身の健康への関心がますます高まってきており、健康配慮義務の重要性は高まってきています。

  

身体的健康、精神的健康について問題となった過去の裁判例を紹介します。

 

(1)身体的健康について

<東京高判平成11年7月28日>

労働者が過労により脳出血で死亡した事案において、
  

使用者は「労働時間、休憩時間、休日、休憩場所等について適正な労働条件を確保し、さらに、健康診断を実施した上、労働者の年齢、健康状態等に応じて従事する作業時間及び内容の軽減、就労場所の変更等適切な措置を採るべき義務を負う」という一般論を述べて、高血圧症の労働者に対して業務の軽減措置等を講じなかったことに安全配慮義務違反があるとしました。


(2)精神的健康について

<最判平成12年3月24日>

労働者が過重な長時間労働に従事したことによって精神疾患を患い、その後自殺した事案において、


「使用者は、その雇用する労働者に従事させる業務を定めてこれを管理するに際し、業務の遂行に伴う疲労や心理的負荷等が過度に蓄積して労働者の心身の健康を損なうことがないよう注意する義務を負う」

 と判示して精神的健康についての安全配慮義務を認めました。

   

なお、この事件では、労働者の長時間労働によるうつ病の発症の結果、自殺したという一連の流れについて因果関係が認められました。かつ、上司らが、労働者が日常的に著しい長時間労働をしていること及びその健康状態が悪化していることを認識しながら、その負担を軽減するような措置をとらなかったとして、安全配慮義務違反を認めました。

このように、安全配慮義務の内容は、労働者の心身の健康面への配慮も含まれる等広がりを見せています。

したがいまして、安全配慮義務の内容について判断に迷われた場合は労働問題にくわしい弁護士へご相談ください。

moriuchi03.png



その他項目はこちらから

               

No

項目

1

安全配慮義務とは

2

労働者がうつ病等になった場合に賠償義務を負うか?メンタルヘルス問題

3 請負や派遣等の場合にも安全配慮義務を負うか?
4 部長等の上司が安全配慮義務を負うか?
5 安全配慮義務違反の時効 いつまで請求できるか?
6 安全配慮義務違反の代償は? 損害賠償額
7 労働者側に落ち度があった場合は? 過失相殺
8 労災事故等によって、労働者側が何らかの経済的利益を得た場合は?損益相殺
9 労災に遭ったときに、国はどのような補償をしてくれるのか?  労災補償
10 業務災害とは ~ 「業務上」の判断には難しいケースも
11 通勤災害とは ~ どこまでが通勤範囲なのか


 

お気軽にご相談下さいませ

1005_roudou_online_bnr.png

どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にご相談ください!
※お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。ご了承ください。

 ●はじめての方へ  ●ご相談の流れ  ●事務所紹介
 ●弁護士紹介  ●弁護士費用  ●アクセスマップ

ImgLS2-2.jpg

banar01.png

shoshikisyuu.png

お気に入りに追加するお問い合わせはこちらImgLS14.jpg

報道関係の方へ.jpg

社労士税理士.jpg

事務所概要.jpg

博多オフィスサイド.jpg

小倉オフィスサイド.jpg

当事務所の運営しているサイトはこちら
福岡の弁護士による法律相談|デイライト法律事務所
ユニオン・合同労組Online
福岡で離婚に強い弁護士に相談
DV・モラハラの相談は弁護士へ
国際離婚に強い弁護士への相談なら
福岡の弁護士による相続・事業承継相談
交通事故|福岡の弁護士による無料相談
顧問弁護士ドットコム|福岡で顧問弁護士をお探しの方へ
福岡の刑事弁護に強い弁護士による無料相談
デイライトブログ

相談カードダウンロード
相談カードダウンロード

 

Facebook Google+twitter.png