lawyer

2019年02月20日 lawyer

弁護士 小幡拓郎

労働問題に対するスタンス 企業として会社を運営する上で、労働者は必要不可欠です。そうである以上、会社としては、労働問題は避けては通れません。 労働問題といえばどんなものを思い浮かべるでしょうか。 未払い残業代の請求、解雇 […]

2019年01月01日 lawyer

弁護士 中村啓乃

企業法務へのスタンス 企業に関わる法律問題は契約の締結や株主総会対応などにとどまらず多岐にわたり、これらを対応するには専門的な知識が必要です。 何らかのトラブルが生じた場合、当初のトラブルを拡大させないという観点から、迅 […]

2019年01月01日 lawyer

弁護士 杉原拓海

問題解決へのスタンス 企業活動を円滑に行うためには、紛争が発生した場合にどう立ち回るか、ではなく、紛争を未然に防ぐためにどう立ち回るかが決定的に重要です。 せっかく思いついたビジネスのアイデアも、法的に問題を抱えているの […]

2019年01月01日 lawyer

弁護士 木曽 賢也

労働問題に対するスタンス 雇用契約は、ある程度長期的な契約であるため、様々な問題が起きます。 例えば、採用段階、昇進・降格、配転・降格、休暇、賃金、ハラスメント問題等、企業が抱える問題は多岐にわたります。 しかし、企業の […]

2016年10月24日 lawyer

弁護士 勝木萌

問題解決へのスタンス 私は、依頼者の方が本当に望んでいる解決を共に導き出し、少しでも明るい気持ちで先への一歩を踏み出すお手伝いができるよう、日々精進しています。 いざ当事者として法的問題がかかわる事案に直面したとき、「身 […]

2016年10月18日 lawyer

弁護士 竹下龍之介

労働問題解決へのスタンス 一般に、会社が順調に成長すると、事業の運営に人手が必要となり、アルバイトや正社員を雇うことになります。 それ自体は喜ばしいことです。しかし、人を雇うという場合、法的には注意が必要です。 というの […]

2016年10月18日 lawyer

弁護士 鈴木啓太

労働問題へのスタンス 私は、労働問題に携わるにあたっては、以下の3点を心がけています。 ①紛争の事前予防 ②不利な事案は裁判手続を避ける ③迅速な対応 ①紛争の事前予防 企業活動をするにあたって、従業員の労務管理は最重要 […]

2016年10月14日 lawyer

弁護士 森内公彦

はじめに 労働問題は、経営者の皆様にとって死活問題になる可能性があります。 経営者の皆様は、本来経営に専念すべきです。それにもかかわらず、労働問題に直面しそれにかかりきりになると経営に専念できなくなり、結果として企業にと […]

2016年10月14日 lawyer

弁護士 西村裕一

労働問題に対するスタンス 私は、労働問題に対して以下のスタンスをもって日々活動しております。 早期解決 企業にとって、労働者からの未払残業代の請求や退職をめぐるトラブルが長期化することは決して好ましいことではありません。 […]

2016年10月14日 lawyer

弁護士 宮崎晃

労働事件の問題点 会社側の労働事件においては、次のような特殊な問題があります。 ①労務管理に関する法規制が複雑であること 企業が事業活動を行っていくとき、様々な法律の規制があり、これを無視することはできません。 特に、労 […]