労働基準監督署はどのような業務をおこなっているのですか?


労基署対応についてよくある相談Q&A

Answer

弁護士勝木萌イラスト事業場に対し監督を行い、労働基準関係法令違反を是正指導し、重大・悪質な事案の場合、送検するなどの業務を行っています。

 

法律による行政の原理

労基署は、厚生労働省の第一線の行政機関です。

行政機関である以上、「法律による行政の原理」が働きます。「法律による行政の原理」とは、行政は、行政機関独自の判断で行われてはならず、国民の代表である国会が定めた法律に従ってのみ行われなければならないことをいいます。

行政権という国家権力は、私たち国民の生活に、大きな影響を及ぼします。例えば、税金の徴収に関して、政府が思うまま徴収していたのでは、国民は納得せず、社会は混乱します。

そこで、法律による行政の原理というものが必要となります。すなわち、行政は、必ずルールに従って活動しなければなりません。

また、そのルール(法律)は、国民が選挙で選んだ国会議員によって作成されなければなりません。これが、「法律による行政の原理」です。

したがって、労基署が行うことができる業務についても、法律の根拠が必要となります。

 

 

労基署の活動の根拠となる法律と所掌事務

解説する弁護士のイメージイラスト厚生労働省設置法は、労基署の名称、位置、管轄区域、所掌事務及び内部組織については、厚生労働省令で定めると規定しています(設置法22条2項)。

そして、これを受けて、厚生労働省組織規則は、労基署の所掌事務について、下図のように規定しています(厚組規則790条)。

労基署の所掌事務

①労働契約、賃金の支払、最低賃金、労働時間、休息、災害補償その他の労働条件に関すること。

②労働能率の増進に関すること。

③児童の使用の禁止に関すること。

④産業安全(鉱山における保安を除く。)に関すること。

⑤労働衛生に関すること(労働者についてのじん肺管理区分の決定に関することを含み、鉱山における通気及び災害時の救護に関することを除く。)。

⑥労働基準監督官が司法警察員として行う職務に関すること。

⑦政府が管掌する労働者災害補償保険事業に関すること。

⑧労働者の保護に関すること。

⑨家内労働者の福祉の増進に関すること。

⑩前各号に掲げるもののほか、法律(法律に基づく命令を含む。)に基づき労働基準監督署に属させられた事務に関すること。

 

 

労基署の重要な業務

労基署は、法令に基づき上記の所掌事務を行っていますが、これらを履行するための具体的な活動として、以下の業務が重要となっています。

労基署の重要な業務

解説する弁護士のイメージイラスト・労働基準監督官が個別事業場に対し監督を行い、労働基準関係法令違反を是正指導

・労働基準監督官が司法警察員として重大・悪質な労働基準関係法令違反の事案を送検

・労働者からの申告の受付

・就業規則、「36協定」など労使協定の受理・指導

 

労基署について、詳しくは労働問題に詳しい弁護士へご相談ください。

デイライト法律事務所ロゴ当事務所の労働弁護士は、使用者側専門であり、企業を強力にサポートしています。

まずはお気軽にご相談ください。

 

 


「労基署対応」についてよくある相談

よくある相談Q&A