うつ病社員が辞表(退職願)を持ってきた場合、どのように対応したらいいでしょうか?


メンタルヘルスについてよくある相談Q&A

経営者のイメージイラスト会社にうつ病の社員がいます。元気が無く、仕事でミスを繰り返す毎日ですが、今日突然辞表を持ってきました。

私たちは、これを受け取ってこの社員の雇用契約を終了して大丈夫でしょうか。また、もし、今後その社員が辞表を撤回したいといってきた場合、これに応じなければならないでしょうか。

 

Answer

解説する弁護士のイメージイラストうつ病社員が持ってきた辞表を受け取って問題はありません。また、使用者が、うつ病社員の退職について承諾した後は、当該社員が辞表を撤回することはできませんので、会社はこれに応じる必要はありません。

まず、うつ病社員が辞表により退職を会社に申し入れてきた場合、大前提として当該社員の意思能力が必要になります。意思能力とは、有効に意思表示をする能力であり、おおむね小学校卒業程度の判断能力があれば足りると考えられています。

しかし、意思能力がないと判断されるのはよっぽどの場合で、通常は、うつ病を患っているだけですぐに意思能力を欠くと判断される可能性は低いでしょう。

次に、辞表(退職願)の提出は、法的には、雇用契約の合意解約の申込みとしての性質を有します。この申込みは、退職に関して合意が成立した後、すなわち使用者が辞表の提出に対して承諾したあとは、労働契約が合意により解約されますので、撤回することが出来なくなります。

仮に、承諾までの期間があらかじめ定められていたとしても、実務上は、使用者に不測の損害を与えるなど信義則に反すると認められるような特段の事情が無い限り、使用者が承諾の意思表示をなすまで労働者はこれを撤回することができるとされています。

退職届のイメージ画像最後に、使用者がどのような反応をしていれば合意解約を承諾したと判断されるかと疑問に思われた方もいらっしゃると思います。これは個々の具体的な事情により判断されることになりますが、過去には、従業員が退職願を上司に提出し、それが会社代表者に手渡され、他方で会社所定の退職届が従業員に手渡された事案において、会社の承諾の意思表示を認めた裁判例もあります。

うつ病を患っている社員は、精神的に不安定になることも多く、突発的に退職願を提出しては、その撤回を主張するといった事態が起きることも十分考えられます。

メンタルヘルス問題を抱えた社員の辞表の取扱いについてお困りの方は、ぜひ一度、労働問題専門の弁護士にご相談することをお勧めします。

 

 


「メンタルヘルス」についてよくある相談

よくある相談Q&A