うつ病で休職と復職を繰り返す社員にどう対応したらいいですか?

執筆者
弁護士 西村裕一

弁護士法人デイライト法律事務所 北九州オフィス所長、パートナー弁護士

所属 / 福岡県弁護士会

保有資格 / 弁護士・入国管理局申請取次者


経営者のイメージイラスト私の職場には、数ヶ月ごとに休職と復職を繰り返している社員がいます。そのため、人員が安定しないばかりか、周囲の者がこの人に対する接し方に悩み、ストレスを抱えるという悪循環に陥っています。

今後、どのようにしたらよいでしょうか。

 

Answer

解説する弁護士のイメージイラスト職場に何度も休職と復職を繰り返す社員がいると、周囲の人もその人の扱いに悩み、結果として職場全体の生産性が下がってしまうこともあります。

このような事態を防止するために、まず復職の判断基準を明確にし、復職までのきちんとした手続を整備することが大切です。これにより、現場できちんと働けるほどに回復した社員を適切に復職させることが可能になります。

次に、復職の可否を判断する際、医師の診断書はとても大切ですが、この診断書を検討することなく採用すると、思わぬ落とし穴が待っている危険があります。

特にその社員自らが選んだ医師が診断書を作成した場合、職場環境を全く知らない医師がその社員の復職の可否を判断することになります。そうすると、医師の判断が社員の言い分に傾きがちになり、現場で働けるほど回復しているとは到底いえない状況であるにもかかわらず、「復職可」との診断書が作成されてしまうこともあります。その結果、十分に回復していなかった社員が復職後うつ病を悪化させ、会社が安全配慮義務違反を問われることもあります。

当該社員が復職可能であるかどうか最終的な判断は会社に委ねられていますので、社員が持参した診断書もきちんと吟味する必要があります。

また、一度うつ病になった社員は、うつ病を再発させたり悪化させたりすることがよくあります。特に復職直後は、当該社員は復職に対する不安を抱えながら、休職時とは異なる生活環境に置かれることになり、ストレスがとてもかかりやすい時期です。そのような時期に周囲のサポートが無ければ、当該社員がうつ病を再発させることも十分に考えられます。

医師のイメージイラストしたがって、復職後も、当該社員には、状況を報告させることが大切です。

また、上司や産業保健スタッフが定期的に声をかけ、社員の健康状態に留意する必要があります。

復職した社員への対応でお困りの方は、ぜひ一度、労働問題専門の弁護士にご相談されることをお勧めします。

 

 


メンタルヘルス
   
執筆者
弁護士 西村裕一

弁護士法人デイライト法律事務所 北九州オフィス所長、パートナー弁護士

所属 / 福岡県弁護士会

保有資格 / 弁護士・入国管理局申請取次者

専門領域 / 法人分野:労務問題、外国人雇用トラブル、景品表示法問題 注力業種:小売業関連 個人分野:交通事故問題  

実績紹介 / 福岡県屈指の弁護士数を誇るデイライト法律事務所のパートナー弁護士であり、北九州オフィスの所長を務める。労働問題を中心に、多くの企業の顧問弁護士としてビジネスのサポートを行っている。労働問題以外には、商標や景表法をめぐる問題や顧客のクレーム対応に積極的に取り組んでいる。



  企業の方の相談は初回無料 WEB予約はこちら