安全衛生


心の健康問題により休業した労働者の職場復帰支援の手引き

安全衛生1.png現在、社会においては、心の健康問題により休業している労働者が増加しており、休業後の職場復帰支援がスムーズに進まないという調査結果が見られています。

そのため、職場復帰支援に関する社会的関心が高まっています。

この手引きは、このような現状に鑑み、労働者の職場復帰支援に関する経験や知見等を踏まえ、円滑な職場復帰を支援するために事業者によって行われることが望ましい事項等について、作成されたものです。

心の健康問題により休業した労働者の職場復帰支援の手引き(PDF)

 

長時間労働者への医師による面接指導制度について

安全衛生2.png労働安全衛生法により、脳・心臓疾患の発症を予防するため、長時間にわたる労働により疲労の蓄積した労働者に対し、事業者は医師による面接指導を実施することが義務づけられています。
このリーフレットは、医師による面接指導制度の概要、実施の流れ等をわかりやすくまとめたものです。

長時間労働者への医師による面接指導制度について(PDF)

 

脳・心臓疾患の労災認定

安全衛生3.png心筋梗塞などの「心疾患」、脳梗塞などの「脳血管疾患」については、その発症の基礎となる血管病変等が、主に加齢、食生活などの日常生活による諸要因や遺伝等による要因により徐々に増悪して発症するものですが、仕事が原因で発症する場合もあります。

このリーフレットは、脳・心臓疾患の認定基準の概要と、「過労死」がどのようにして労災認定されるかについて、わかりやすく解説したものです。

脳・心臓疾患の労災認定(PDF)

 

精神障害の労災認定

安全衛生4.png近年、仕事によるストレスが関係した精神障害についての労災請求が増え、その認定を迅速に行うことが求められています。このリーフレットは、認定基準の概要について、事業主の方にわかりやすく説明したものです。

精神障害の労災認定(PDF)

 

健康診断を実施しましょう~労働者の健康確保のために~

安全衛生5.png事業者は、労働安全衛生法第66条に基づき、労働者に対して、医師による健康診断を実施しなければなりません。

また、労働者は、事業者が行う健康診断を受けなければなりません。
このリーフレットは、健康診断の種類、一般健康診断の項目について紹介したものです。

健康診断を実施しましょう~労働者の健康確保のために~(PDF)

 

労働安全衛生法に基づく健康診断実施後の措置について

安全衛生6.png事業主は、健康診断の結果、異常の所見があると診断された労働者について、就業場所の変更等の適切な措置を講じなければなりません。

このリーフレットは、その手順、参照条文等について紹介したものです。

労働安全衛生法に基づく健康診断実施後の措置について(PDF)

 

過重労働による健康障害を防ぐために

安全衛生7.pngこのリーフレットは、過重労働による健康障害を防止するために、時間外労働の削減、年次有給休暇の取得促進、健康管理体制の整備、健康診断の実施等について、わかりやすく説明したものです。

過重労働による健康障害を防ぐために(PDF)

 

安全衛生委員会を設置しましょう

安全衛生8.png一定の基準に該当する事業場では、安全委員会、衛生委員会(又は両委員会を統合した安全衛生委員会)を設置しなければならないこととなっています。

このリーフレットは、委員会設置の目的、委員の構成、調査審議事項等についてわかりやすくまとめたものです。
安全衛生委員会を設置しましょう(PDF)

 

産業医について

安全衛生9.png職場において労働者の健康管理等を効果的に行うためには、医学に関する専門的な知識が不可欠なことから、常時 50 人以上の労働者を使用する事業場においては、事業者は、産業医を選任し、労働者の健康管理等を行わせなければならないこととなっています。

このリーフレットは、産業医の要件、産業医の職務等をまとめたものです。

産業医について(PDF)

 

  企業の方の相談は初回無料 WEB予約はこちら