最後に


社労士日置明男画像今後も士業は、ますます競争が激しくなっていくと思われます。そして、過当競争の中で、労使紛争に携わる社会保険労務士の中から「ブラック社労士」が出現すると予想されます。

しかし、「ブラック社労士」となることは、自らを破滅の道に導くことを意味します。過当競争の中で、生き残っていくためには、違法・不当な行為に手を染めるのではなく、自らの専門能力を向上させるしかないと思われます。すなわち、労使紛争に携わる社会保険労務士は、労働関係諸法令に精通し、交渉や書面作成等の代理業務の経験を積み、ノウハウを身につけるという選択肢です。

今後、労使紛争に携わろうとする社会保険労務士の方に本稿が少しでもお役に立てれば幸いです。

 

 

  企業の方の相談は初回無料 WEB予約はこちら