• HOME
  • 弁護士コラム
  • 福岡市が解雇規制緩和特区!? グローバル・スタートアップ国家戦略特区構想について

福岡市が雇用特区(解雇規制緩和)! グローバル・スタートアップ国家戦略特区構想について

本は有給消化率ワースト1位! 有給休暇取得の促進方法について


政府は平成26年3月28日、国家戦略特区の第一弾として、雇用特区に福岡市を指定しました。

労働問題に密接に関わる内容なので、この件について、ご紹介したいと思います。

○福岡市は開業しやすい?


福岡市が雇用特区に指定されたのは、開業率が全国トップであるからです。現在、日本の開業率は平均約4%ですが、福岡は約6.4%です。

これには、次の理由があげられています。

①雇用を生み出すのに適した人材が豊富であること
出生率の低下により、日本の人口減少が深刻化する中、福岡市は、人口が増加しており増加率は全国トップとなっています。また、若者の比率、女性若者率も全国トップであり、その他、豊富な理系学生と留学生がいることも特徴です。

②ビジネスコストが低いこと
福岡のオフィス賃料は、東京の3分の1以下であり、世界的に見ても賃料が低額です。
他方、都会でありながら、自然環境が豊かで通勤時間も短く、住みよかった都市ランキングでも上位に位置しています。

③世界とつながるビジネス環境にあること
福岡は、国際線が18都市に就航しており、博多港は国際状況客数が全国トップを誇っています。
その他、福岡には、インターナショナルスクールや、多くの医療機関で外国語での受診対応が可能であるなどの特徴があります。


miyazaki_stand.png
上記のような理由から、雇用特区を作り、将来的には開業率20%を目標としているようです。

○特区構想の中身

では、福岡市が構想している「グローバル・スタートアップ国家戦略特区構想」の中身はどのようなものでしょうか。

これは、法人税の減免とともに、「雇用条件の明確化」を行なうことで企業誘致を進めるというものです。

減税は歓迎ですが、「雇用条件の明確化」というのが気になります。

これは、一つは、外国人の在留資格要件緩和が含まれていますが、それだけにとどまりません。

福岡市の特区構想で打ち出されている雇用条件の明確化については、福岡市議会の一般質問の中で、「解雇ルールを明確にする事前型の金銭解決制度などを創業後の5年間に限り導入することで、正社員の雇用を促進する」と説明されています。

解雇については、労働基準法が解雇制限規定を設けるとともに、労働契約法が「客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められないものは無効」と規定しています。

つまり、解雇は、よほどのことがないと認められないとするのが法律なのです。

福岡市の特区構想は、その例外を作り出すものです。

この解雇規制の緩和に対しては、働く者とその家族の生活不安を助長する恐れがあるなどの批判があります。

○解雇自由は悪か?

しかし、そもそも解雇を自由にすることは、日本社会にとって好ましくないことでしょうか?

世界的に見て、日本ほど、解雇が認められない国は少ないと思います。

例えば、シンガポールは、国土が東京23区とあまり変わらない小さな国ですが、解雇は自由です。

しかし、東南アジア、南アジアのビジネスハブとして、急速な経済成長が続いています。

一人当たりのGDPは日本を超えており、世界でも上位に位置しています。また、国際競争力が非常に強い国であり、2011年の世界経済フォーラムの研究報告書において、世界第2位の国と評価されています。

さらに、富裕世帯の割合が世界で最も高く、およそ6世帯に1世帯が金融資産100万ドル以上を保有しているとされています。

法人税も17%と低く、また、国が外資系企業の受け入れに力を入れているため会社の設立も簡単です。

そのため、日本を含めた外資系企業は、ビジネスチャンスを求め、シンガポールへ積極的に進出しています。

そして、シンガポールでは、日本と違って終身雇用制が当然とは考えられておらず、優秀な人材がキャリアアップを図って様々な企業に転職し、経験を積んでいきます。

他の先進国を見ても、近年は解雇を厳しく制限するのではなく、人材の流動を重視しているようです。

そもそも終身雇用制は、高度経済成長期において生み出されたものであり、日本の歴史の中では、景気がよかった時代の流行りにすぎず、普遍的な制度ではありません。

すなわち、明治時代に制定された民法の条文では、契約自由の大原則から、労働者、使用者のいずれも基本的には2週間前に雇用契約の解消を申し入れることができます。

ところが、戦後の高度経済成長期において、裁判例において解雇権濫用の法理によって、解雇を制限する傾向が見られるようになり、近年、労働契約法において解雇の制限が明文化されました。

つまり、終身雇用制は、あらゆる時代に求められる、普遍的な制度ではないということです。

また、終身雇用のメリットである、雇用の安定性という点に関しては、現在では、反対に「若年層の就労に不利に働いている」との指摘もあります。

つまり、終身雇用制は、その慣行を既得権益とする中高年にとっては、雇用が守られますが、景気が悪化すれば非正規の契約雇用しかない若年層にしわ寄せが及ぶと考えられています。

このようなことから考えると、解雇の厳しい制限は、本人にとっても、その国の経済の発展にとっても、最善とまでは言い切れないのではないでしょうか。

もちろん、不当な解雇によって、労働者に損害が生じるような場合は、損害賠償は認められるべきですが、雇用契約の継続の問題とは切り離して考えるべきと思われます。

現在の日本の状況において、解雇を厳しく制限することが果たして妥当なのかどうか、今一度考えてみる必要があると思われます。

○問題への対応策


雇用特区の妥当性については、賛否両論あるところですが、いずれにせよ、新しい制度を作るにあたっては、様々な問題の発生が予想されます。

そこで、労使間の紛争が生じないようにする「雇用労働相談センター」が設置されるようです。

そして、福岡市に進出する海外企業やベンチャー企業などは、このセンターを利用して自社の雇用契約や労務管理が適切か否かを確認できるようになるとのことです。





労働問題に関する弁護士コラムです。ぜひご覧下さい。

                                                      

タイトル
NEW
2017年3月
トラックドライバーの労働時間に関する法律の規定
NEW
2017年3月
トラックドライバーが積み荷を待っている時間や積み込みの順番待ちをしている時間は休憩時間?
NEW
2017年3月
「固定残業代」って何?
NEW
2017年3月
残業時間の上限に規制の動き―政府の働き方改革実現会議
2017年2月 「管理職は残業代なし?」見直そう、名ばかり管理職!ほっともっとの問題点
2017年2月 妊娠中の退職合意を無効とした裁判例(平成29年1月31日東京地裁立川支部)に学ぶマタハラ問題
2017年2月  アルバイトが病欠した場合の罰金は違法?セブンイレブンの問題点について
2017年2月  ミスド店長の過労死、運営会社に約4600万円の支払を命じる判決!~津地方裁判所平成29年1月30日判決
2017年1月  平成29年度よりパワハラがあった会社に対して労働局の指導が入る可能性があります!!
2016年12月  非正規の従業員にも賞与を支払う必要がある?!~同一労働同一賃金のガイドラインの発表
2016年11月  マタハラ防止措置義務の新設
2016年9月  女性が活躍できる労務管理
2016年8月  障害者の雇用(非雇用)に問題はありませんか?
2016年8月  短時間労働者に対する厚生年金保険・健康保険の適用拡大
2016年7月  同一業務において非正規に対する各種手当の不支給は違法とした最新裁判例
2016年7月  「休憩」なのに「労働時間」にあたることもある?
2016年7月  会社の飲み会は「業務」なの?
2016年5月  同一労働同一賃金の原則についての最新裁判例
2016年5月  「過労死ライン」超えていませんか?!
2016年4月  労働移動支援助成金と退職勧奨問題
2016年2月  同一労働、同一賃金の法制化に向けた動き
2015年12月  2次会でのセクハラ行為で、会社に賠償責任
2015年12月  ワタミの過労自殺裁判に関して
2015年9月  ブラックバイトの実体と会社の法的責任
2015年4月  過労死自殺事件で約1億円の支払い義務を認める判決~JR西日本事件~
2015年4月  就業時間の全面禁煙化の是非~リコーグループの全面禁煙化を受けて~
2015年1月  アデランスのセクハラ裁判、超高額で和解
2015年1月  女子アナ内定取消し裁判が和解へ―残る火種
2014年11月  ホステスのバイトで採用内定を取消し 日テレ提訴へ
2014年11月  「過労死防止法」が11月1日に施行されました。
 2014年10月  最高裁、マタハラ訴訟で初の判断!
 2014年9月  「すき家」が1167店舗で深夜営業休止!―止まらぬ人材不足
 2014年9月  橋本聖子氏と高橋選手のセクハラ騒動を受けて~職場のセクハラ問題について考える~
 2014年9月  たかの友梨がブラック!?パワハラと不当労働行為問題
 2014年7月  ベネッセの情報流出事件の与える影響
 2014年7月  塩村議員のセクハラやじ事件を考える
 2014年5月  最近の障害者雇用促進法の主な改正について
2014年4月  パワーハラスメントの指導強化で求められる企業の対応~厚労省の通達改正
2014年4月  小保方さんは論文捏造!?STAP細胞論文の不正と懲戒処分(解雇)問題について
2014年3月   福岡市が解雇規制緩和特区!? グローバル・スタートアップ国家戦略特区構想   について
2014年3月   日本は有給消化率ワースト1位! 有給休暇取得の促進方法について
2014年3月  「内定」「内々定」「内定の取消し」について
2014年3月  ある会社の産業医は他の会社の産業医もできるのか
2014年2月   最高裁が初の判断―みなし労働時間制の適用の可否

お気軽にご相談下さいませ

1005_roudou_online_bnr.png

どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にご相談ください!
※お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。ご了承ください。

 ●はじめての方へ  ●ご相談の流れ  ●事務所紹介
 ●弁護士紹介  ●弁護士費用  ●アクセスマップ

ImgLS2-2.jpg

banar01.png

shoshikisyuu.png

お気に入りに追加するお問い合わせはこちらImgLS14.jpg

報道関係の方へ.jpg

社労士税理士.jpg

コンテンツメニュー

事務所概要.jpg

博多オフィスサイド.jpg

小倉オフィスサイド.jpg

当事務所の運営しているサイトはこちら
福岡の弁護士による法律相談|デイライト法律事務所
ユニオン・合同労組Online
福岡で離婚に強い弁護士に相談
DV・モラハラの相談は弁護士へ
国際離婚に強い弁護士への相談なら
福岡の弁護士による相続・事業承継相談
交通事故|福岡の弁護士による無料相談
顧問弁護士ドットコム|福岡で顧問弁護士をお探しの方へ
福岡の刑事弁護に強い弁護士による無料相談
デイライトブログ

相談カードダウンロード
相談カードダウンロード

 

Facebook Google+twitter.png