在宅勤務によるみなし労働時間制


在宅ワークのイメージ画像近年、インターネットや情報処理を中心とした技術革新により、IT(高度通信情報ネットワーク)化が急速に進んでおり、パソコンや端末等のVDT(Visual Display Terminal)が家庭や職場を問わず広く社会に導入され、職場環境や就業形態等についても大きく変化している状況にあります。

このような中で、情報通信機器を活用して、労働者が時間と場所を自由に選択して働くことができる働き方であるテレワークという新たな就労形態が可能となりました。

厚生労働者は、「情報通信機器を活用した在宅勤務の適切な導入及び実施のためのガイドライン」を定め、その後改訂し、在宅勤務等の適切な導入と労務管理のあり方を示しています。

>> ガイドラインはこちらをご参照ください

 

 


企業のお悩みサポート

  • 解雇したい
  • 残業代を請求された
  • 問題社員に対応してほしい
  • ユニオン・合同労組との団体交渉
  • 労基署対応をしてほしい
  • メンタルヘルス対策をしたい
  • セクハラ・パワハラ対策をしたい
  • 就業規則・雇用契約書を見直したい
  • 労働審判・裁判に対応してほしい<
  企業の方の相談は初回無料 WEB予約はこちら