働き方改革をサポート

掲載日:2019年9月20日|最終更新日:2019年9月20日

日本は今後、労働力人口が激減すると言われています。

また、日本企業が持続的に発展するためには、生産性を向上させて競争力を強化する必要があります。

そのために企業は、長時間労働の是正、同一労働同一賃金等の規制に対応するだけではなく、より積極的かつ柔軟な改革を推進していくべきです。

例えば、在宅勤務の導入、フレックスタイム制の導入、兼業・副業の導入、女性や高齢者の積極活用、時短の推進、計画年休の導入、ダイバーシティ経営などがあげられます。

しかし、このような働き方改革は、企業が単独で行っていくのは難しい場合があります。

このような場合、働き方改革について、専門家に相談し、サポートを受けるべきでしょう。

ここでは、企業が独自に働き方改革を推進する上で懸念される問題点と専門家からサポートを受けるメリットについて、解説します。

企業独自の取り組みでは働き方改革が進まない理由とは?

何をしたら良いのかわからない

最近、働き方改革という言葉はメディア等で頻繁に取り上げられるため、ほとんどの方がご存知です。

しかし、その中身は言われると、ほとんどの方が知らないと思われます。

そのため、改革の必要性があるという危機意識はあっても、具体的に何をすればよいのかわからないという問題があります。

 

適切な改革の内容を策定できない

働き方改革は、従業員の労働条件を大きく変更することになります。

この場合、注意しなければならないのは、労働法令に違反する可能性があるということです。

また、従業員に有利に変更する内容の場合、将来的なことも考えなければなりません。

一度、有利にすると、将来的に元に戻したくても簡単に戻すことができないからです。

例えば、労働時間を1時間削減したとします。数年後に人手不足や不景気のために労働時間を増やそうとした場合、不利益変更として違法となるリスクがあります。

このように、働き方改革は、労働法令の専門知識を前提に、中長期的な視点に立って策定しなければなりませんが、企業が独自にこれを行うのは難しいと思われます。

 

改革のための意思決定が進まない

ある程度の規模の組織になると、改革を進めようとしても、周囲の賛同が得られないために具体的な改革の意思決定ができないことが多くあります。

例えば、他の取締役の理解が得られない、株主の承諾が得られない、などの状況です。

 

計画どおりに運用できない

働き方改革の計画を策定できても、それを計画どおりに実行できなければ絵に描いた餅となります。

計画をスムーズに実行するためには、現場の従業員に改革に必要性を理解してもらい、腹落ち(納得)させることが必要です。

多くの企業では、従業員に対するマネジメントが十分ではないために、中途半端な改革となってしまう状況が見受けられます。

 

 

専門家にサポートを受けるメリットとは?

デイライト法律事務所は、企業の働き方改革をサポートしております。

以下、具体的なサポートの内容についてご紹介します。

サポート①働き方改革について診断サポート

まず、企業から経営戦略・ビジョン、労務問題等について、ヒアリングさせていただきます。

その上で、労務管理における企業の課題を検討して、働き方改革の必要性について診断します。

 

サポート②具体的な改革の内容をご提案

働き方改革の必要がある場合、具体的にどのような施策が有効かを検討し、ご提案いたします。

当法律事務所は、専属のコンサルタントが制度設計だけではなく、業務プロセスやオペレーションの改善提案までサポートいたします。

 

サポート③就業規則・雇用契約書の変更サポート

従業員の労働条件の変更を行う場合、就業規則や雇用契約書の変更も必要となります。

当法律事務所は、これらの規定や契約書等の作成もサポートいたします。

 

サポート④経営相談サポート

働き方改革の計画を策定した後は、その計画を従業員に周知徹底しなければなりません。

当法律事務所は、計画を周知徹底するために重要となる従業員のマネジメントについてもご助言いたします。

 

 

ご相談について

働き方改革は、多くの企業が早急に取り組まなければならない経営課題です。

しかし、労務管理上の注意点やマネジメントの難しさといった問題もあります。

そのため、労働問題や経営に詳しい弁護士に相談し、適切なサポートを受けることをお勧めいたします。

デイライトの労働事件チームは、企業側の労働事件に注力した弁護士、社会保険労務士、経営に精通したMBA取得者等で構成されるプロフェッショナル集団であり、全国の企業や社労士から多くの相談を受けております。

働き方改革については、当法律事務所にお気軽にご相談ください。

ご相談の流れはこちらをご覧ください。

 

料金プラン

企業の初回相談

無料(0円)

顧問契約

月額3万円から

詳しくはこちらのページを御覧ください。

 

 



  企業の方の相談は初回無料 WEB予約はこちら