労働審判・裁判に対応してほしい


労働審判や労働裁判は、労働問題に豊富な実績を持つデイライト法律事務所の労働弁護士におまかせください。

通常、裁判では、権利を主張する原告側に主張立証責任があります。

しかし、労働事件では、原告である労働者側ではなく、被告となる使用者側が立証責任を負うことが少なくありません。

裁判所のイメージ画像例えば、解雇をめぐる裁判では、解雇が無効であるとして雇用契約上の地位確認を求める労働者側ではなく、使用者側が解雇事由の存在について主張立証責任があると考えられています。

このように、労働事件では、労働者側ではなく、使用者側が弱い立場にあることが多い状況です。

会社の損失を最小限に食い止めるために、労働裁判等は、労働専門の弁護士へ相談されることを強くおすすめいたします。

 

 

企業のお悩みサポート

  • 解雇したい
  • 残業代を請求された
  • 問題社員に対応してほしい
  • ユニオン・合同労組との団体交渉
  • 労基署対応をしてほしい
  • メンタルヘルス対策をしたい
  • セクハラ・パワハラ対策をしたい
  • 就業規則・雇用契約書を見直したい
  • 労働審判・裁判に対応してほしい<
  企業の方の相談は初回無料 WEB予約はこちら