相続法大改正セミナー【博多開催】

 

このような方におすすめ

  • 金融機関において相続に関する業務を行っている
  • 士業として相続問題をサポートしている
  • 相続税の相談や申告業務を行っている
  • 相続法改正のポイントを知りたい士業・企業

このセミナーで学べること

POINT

昨年、約40年ぶりとなる相続法の改正が行われました。

改正の内容は、預貯金の仮払い制度の創設、配偶者居住権の創設、自筆証書遺言の方式緩和、遺言の保管制度の創設、遺留分減殺請求の見直しなど非常に幅広く、まさに大改正といえます。これらの法改正が金融機関や税理士・司法書士・行政書士等に与える影響は極めて大きいと考えられます。

また、自筆証書遺言の方式緩和は既に試行されており、その他の大部分の法律についても今年7月1日に試行されることとなっています。そのため金融機関等は、社内規定の整備や窓口対応の徹底など、急ピッチで対策を行わなければならない状況です。

このような法改正を踏まえて、法改正に精通した弁護士が改正法のポイント等について、わかりやすく解説いたします。

福岡の金融機関の皆様、士業の皆さまは奮ってご参加ください。


 

セミナー詳細

相続法大改正セミナー

日時:2019年7月25日(木)15:00~17:00(開場14:30)(博多) →詳細はこちら


場所:
デイライト法律事務所内 セミナールーム 福岡市博多区博多駅前2-1-1 福岡朝日ビル7階(アクセス


費用:3000円(税込み) 顧問先企業様は無料

 

7/25 相続法大改正セミナー【博多開催】