問題社員対応・マネジメント能力向上セミナー


平成30年2月21日(水)

豪華2本立て特別開催!

問題社員対応・マネジメント能力向上セミナー

セミナーのコンセプト

企業にとって社員は大切な財産です。

しかしながら、社員の中には非違行為を繰り返す問題社員も存在します。例えば、業務命令に従わない社員、就業規則違反を繰り返す社員、ケンカ・パワハラ・セクハラを行う社員、欠勤・遅刻・早退が多い勤怠不良社員、協調性を欠く社員などです。これらの問題社員は、放っておくと、企業の信用失墜や他の社員のモチベーションが下がるなどの弊害が懸念されます。

他方で、問題社員といえども、裁判において、解雇はよほどの事情がないと認められないため慎重な対応が必要です。

このような経営者、担当者の方が苦慮されている実情から、労働問題に精通した弁護士が問題社員等への対応方法やポイントを解説いたします。また、社労士が管理職のマネジメント能力向上のポイントを講演いたします。セミナーでは実務で使える書式集も無償配布しますので、経営者、担当者の皆様は奮ってご参加ください。

問題社員対応・マネジメント能力向上セミナー(PDF)

セミナーのテーマ

  • 第一部

    問題社員・能力不足社員への法的対応の実務

  • 内容

    ○問題社員を解雇できる?解雇する際のポイントとは?

    ○退職勧奨の適法性と実施方法のポイント解説

  • 講師

    当事務所弁護士 宮崎晃

  • 第二部

    管理職のための、実践型「叱る」スキル

  • 内容

    ○“叱る”が必要とされる理由 … どのような状態をめざすか?

    ○“叱る”と“おこる”の違い   … 相手の成長を心から願う!

  • 講師

    みらい社会保険労務士法人

    特定社会保険労務士 城敏徳

講師紹介

弁護士宮崎晃
  • 第一部講師

    デイライト法律事務所 代表弁護士 宮崎 晃

    税理士・ファイナンシャルプランナー

  • 紹介

    【専門分野】

    企業分野:労働問題、個人分野:離婚問題

    【スタンス】

    特に予防法務に注力し、「紛争の発生を未然に防止すること」をスタンスとして社労士や企業への労務問題セミナーを積極的に開催している。

    【著書】

    Q&A 労基署対応への法的対応への実務(中央経済社)など。

    【弁護士法人デイライト法律事務所】

    多くの専門弁護士が所属する福岡屈指の法律事務所。労務問題では、就業規則の診断、ユニオン対応、メンタルヘルス問題対策、ハラスメント対策、問題社員への対応等を行っている。

みらい社会保険労務士法人特定社会保険労務士城敏徳
  • 第二部講師

    みらい社会保険労務士法人 代表 城敏徳

    特定社会保険労務士

  • 紹介

    【専門分野】

    労務管理に関する労働法

    【スタンス】

    『お客様企業が永続的に成長を実現するために支援することが私たちの使命です』を、合言葉に日々の業務だけでなく、セミナー等を開催し、様々なお客様をサポートしています。

    【セミナー実績】

    労務管理、助成金、社会保障等、多数の講演実績を持つ。

    【みらい社会保険労務士法人】

    社労士9名、従業員数40名を有する西日本最大規模の社労士事務所。本年、横浜に事務所開設

日時平成30年2月21日(水)14:00~17:00(開場13:30)
場所当事務所博多オフィスセミナールーム(博多駅徒歩1分)
福岡市博多区博多駅前2-1-1 福岡朝日ビル7階
参加料3000円(税込)ただし、顧問先企業様は無料

申し込みフォーム

お申込みをご希望の方は、以下のフォームより登録をお願いいたします。