出向

出向の意義については、直接定めた法律はありませんが、「従業員が雇用先の企業に在籍のまま、他の企業の事業所において相当長期間にわたって当該企業の業務に従事すること」と考えられます。

会社の出向命令の権限

会社が従業員に出向を命じるには、原則として労働者の同意が必要となります。ただし、就業規則や労働協約に出向についての具体的な定があり、それが周知されていれば、事前に労働者の包括的な同意があるものとみなします。

そして、出向先での労働条件が明確であり、出向命令権の濫用に該当しなければ、出向命令時に労働者の個別の同意を得る必要はないと解されています(労契法14条、新日本製鐵事件 最判平15.4.18参照)。
 

出向についての従業員への説明と了承

上記の要件を満たせば、出向について従業員の個別の同意は不要です。しかし、出向はこれまでと異なる会社が指揮命令権者となるため従業員にとっては重要な問題です。
 
したがって、会社としては、従業員に対して、出向の意義をきちんと説明し、了承を得た上で出向してもらうことが、円満な労使関係に繋がり、有効です。また、同意書(クリックで様式が開きます)を書いてもらうにこしたことはないでしょう。

出向・転籍・配転問題に関してはこちら

出向に関してはこちら

転籍に関してはこちら

配転問題に関してはこちら

お気軽にご相談下さいませ

1005_roudou_online_bnr.png

どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にご相談ください!
※お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。ご了承ください。

 ●はじめての方へ  ●ご相談の流れ  ●事務所紹介
 ●弁護士紹介  ●弁護士費用  ●アクセスマップ